生活保護の借金返済

借金整理_ラボ > > 生活保護の借金返済

生活保護の借金返済

生活保護を受給している方で借金返済をするのは問題なのでは?と感じる方もいらっしゃるかと思います。
そもそも生活保護を受給しているという方は何らかの事情で生活に困窮している方に対して国が最低限の保障をするという制度です。
そのような観点から、生活保護として受給したお金を借金返済に充てることは問題があると考えられるのも当然のことです。
本来であれば、借金を返すためだけに生活保護を受給するということはあってはならないことです。
恐らく、その理由だけで生活保護の申請をしても許可されることはないでしょう。
しかし、仮に借金が既にあった状態であった方が不慮の事故に遭ってしまい仕事ができない状況になってしまった場合、生活が困難になってしまうのは当然のことです。
このような状況であれば生活保護の申請をして許可されることと思います。
ただ本来の生活保護制度の主旨で考えると、国民の税金で賄われている生活保護を個人の借金返済に充てることは社会通念上許されることとは言えないかもしれません。
そういった意味でも、生活保護を受給していて借金返済をしているという方は債務整理を行なってしかるべき措置をとることが最善策といえるかと思います。

かといって、何も知識がない方が債務整理を行うことは正直なところかなり難しいといえるでしょう。
様々な手続きを行ううえでどんな流れで整理していくのかわからなくなってしまうことが多いものなので、まずは弁護士に相談をしてみることが良いでしょう。
まずは法の専門家の立場の弁護士から、ご自身の生活状況をきちんと確認したうえで今後の生活をどうするべきなのか的確なアドバイスを受けるようにしましょう。

ネット上には借金問題の解決に向けて、債務整理の方法などを簡単に判断することができる無料の診断ツールが用意されています。
匿名で利用することもできますので、不要に個人情報を開示する必要がありませんのでどうぞご安心ください。
利用料金は一切かかりませんので、お気軽にご利用ください。

借金整理にあたり最も大切な過払い金請求についてのポイントをまとめます。まさに「過払い金の整理なくして、借金の整理無し」です。
ポイント
①過払い金は、過去にキャッシングや借り入れをして利息を払ったことがあるひとであれば、大体発生している。

②過払い金は、少額そうで実は結構高額になっていることが多い。

③過払い金は、10年経つと取り戻せない。

④弁護士や司法書士に相談しないと取り返せない確率が高い。過払い金の予想額を聞いてから報酬をその中で支払えればお願いすれば良い。着手金0円のところもある。


【過払い金を取り戻す具体的な方法】
まず、借金返済シミュレーターで必ず現在の状況を確認することが非常に大切です。これで今の借金の返済に関する大体の状況が把握できるからです。

>>まだの方は今すぐ借金返済シミュレーションしてみましょう。

次に法律相談事務所の弁護士や司法書士に相談しましょう。事務所に行こうと思うと範囲が限られてしまうので、電話やメールで相談ができ、事務所に行かなくても良いところにしようとしましたが、法律相談所は事務所に行くことになるところが多く、メールと電話だけで、着手金0円のところはなかなか見つかりませんでした。

やっと見つかったのが以下の無料サービスで、全国どこでも電話とメールで借金返済や過払い金に関する相談できます。借金に関する簡単な質問に答え、お名前、電話番号、メールアドレスの登録のみ相談できます。複数のサイトに相談すれば様々なアドバイスがもらえますし、それぞれのサイトで過払い金請求のコツが異なりますので、複数のサイトに登録することをお勧めします。

【無料】樋口総合法律事務所

【無料】おしなり法律事務所

【無料】新大阪法務司法書士事務所

【無料】RESTA法律事務所

【無料】リヴラ総合法律事務所

それでは、あなたが無事過払い金を取り戻せることをお祈りしています。